MENU

福祉・介護の資格について

福祉・介護 資格

高齢化社会に突入している日本で、
今最も求められている仕事の一つに上げられるのは、
やはり福祉・介護に関連する仕事ではないでしょうか?

 

福祉・介護に関連する仕事の需要は
益々増えていくのは確実ですし、
そこで就業する人材の需要も当然高まっています。

 

特に、女性には非常に人気のある仕事で、
ご自分の生活スタイルに合わせた勤務体系を
採用している職場も多く、現在子育て中でも、
子育てが一段落して再就職を希望している方にも、
長い期間継続して仕事に携わっていきたい方にも、
働きやすい環境なのでお勧めの仕事です。


福祉・介護の資格取得の必要性とは?

では、実際に資格を取得する必要があるのでしょうか?

 

確かに、国家資格自体が存在しない資格も多く、民間のスクールや
団体が発行する修了認定資格という位置づけの資格が多いのも事実です。
しかし最近では、福祉・介護の仕事においても
有資格者を求める傾向が高まっており、資格を取得していた方が
就職・転職・再就職に有利に働く場合が多くなってきています。

 

そして、資格を取得し経験を積みながら、関連する他の資格を併用して
取得する事により、さらなるご自分のキャリアアップにも繋がるので、
お1人で複数の資格を取得される方も多いです。

 

また、資格によっては、通信講座で勉強しながら簡単に取得できたり、
専門学校を卒業するだけで取得できるものや、実務経験で試験の一部が
免除になるものなど、色々な特徴をもっています。
それぞれの資格の特徴や情報を、前もって把握出来れば便利ですよね?

 

そこで、当サイトでは、福祉・介護関連の仕事へチャレンジしたい方へ、
資格の種類・試験概要・通信講座/スクール情報などをご紹介しています。
福祉・介護の資格取得をめざす方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

人気のある福祉|介護の資格

福祉 資格 福祉・介護の資格:介護事務

 

既に高齢化社会に突入している日本では、介護に関連する仕事の需要は益々増えていくのは確実ですし、そこで就業する人材の需要も当然高まっています。
介護事務の資格は、介護の資格の中でも特に人気のある資格です。

 

介護事務介護 資格

福祉 資格 福祉・介護の資格:ケアマネージャー>

 

一般的にはケアマネージャーと呼ばれますが、正式名称は「介護支援専門員」であり、資格は「介護保険法」に定められた公的資格になります。
資格を取得すれば就職・転職・キャリアアップや結婚・出産後の再就職も有利になります。

 

ケアマネージャー介護 資格

福祉 資格 福祉の資格:福祉住環境コーディネーター

 

福祉住環境ーディネーターは、例えばケアマネージャーと連携してバリアフリー住宅への改修のコーディネートをしたり、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーです。

 

福祉住環境コーディネーター介護 資格

福祉 資格 福祉の資格:サービス介助士

 

NPO法人日本ケアフィットサービス協会が認定しているサービス介助士の資格は、短期間でしかもご自宅でいつでも受験でき、時代のニーズにあった資格として、現在注目を集めている資格の一つです。

 

サービス介助士介護 資格

福祉 資格 福祉・介護の資格:社会福祉士

 

社会福祉士資格は、ソーシャルワーカーの国家資格であり、専門的知識及び技術をもって、身体上・精神上・環境上の理由により、日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言・指導・福祉サービスを提供したり援助する専門職です。

 

社会福祉士介護 資格

福祉 資格 福祉・介護の資格:介護福祉士

 

介護福祉士資格は、社会福祉士と並ぶ福祉の国家資格で、介護の資格の中で唯一の国家資格です。高齢化社会に伴い、益々需要が増大すると予想される有望な資格です。

 

介護福祉士介護 資格